仮審査で調べられるのはどんなことでしょうか

仮審査の申し込み履歴や過去の返済状況を調べられることも

 

カードーローンを作ろうと思ったとき、はじめに行われるのが仮審査です。このとき、履歴も調べられることになるので注意が必要です。履歴とは、以前の別のローンやキャッシングをしたときに滞納や延滞をしてしまったときの記録のことです。

 

どうしても滞納や延滞などで履歴に問題があるときは審査に通りにくくなってしまいます。仮審査では通っても、本審査でしっかりと調べられてしまうので、自分のローン履歴がどういう風になっているのか把握しておくことが必要です。

 

他社からの借り入れの状況や金額という履歴もカードローンを作るときには重要視されます。現在の返済残高がどうなっているのか確認されることもあるので、正確に答えるようにしましょう。

 

借りている金額が、年収と見合わないときにはカードローンが作りづらくなったり、借入限度額が引き下げられてしまうこともあります。

 

手軽にできるからこそ申込は注意が必要

 

最近のカードローンはネットから気軽に簡易審査ができるようになりました。手軽だからと、色々なローン会社に申込をすることはおススメできません。

 

なぜなら、何社にも申込を行ったということも履歴に残ってしまうからです。短期間に何社もの申込をするというのはマイナスポイントにしかならないので、注意しましょう。

 

仮審査に申し込むと、個人情報を金融業社に提供することになるので、仮審査にドンドン申込をしたりするのはやめたほうが良いです。履歴をどれだけ重要視するかは、ローン会社によっても違っています。そのため、「このくらいの履歴なら問題なし」というような指針があるわけではありません。

人気カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日